株式投資

長期投資するなら米国連続増配株!?

なかなか当たらないIPO投資…

「IPO投資はもう止める!!」

という方もいるのではないでしょうか?

IPO投資以外の投資方法をお探しの方に朗報です。

米国株の連続増配銘柄に投資する方法が気になっています。

この記事では米国連続増配株に長期投資する際のメリットとデメリットについて紹介していきます。

米国連続増配株に長期投資するメリット

配当金という不労所得を得ることができる

米国株の連続高配当銘柄に投資することによって配当金を得ることができます。

配当金は自分が働かないで得られる不労所得です。

自分の代わりにお金に働いてもらいましょう!!

不労所得が支出を上回れば経済的に自由になることが可能です!!

また自分は働かなくて良いので時間的自由も手にはいることになります!!

配当金をゲットして経済的にも時間的にも自由なライフスタイルを手に入れましょう!!

短期投資に比べてリスクが小さい

株価は短期的に見た場合上がるか下がるか分かりづらい。

しかし、株価は長期的に見ると上がり続けているんです!

以下のチャートはS&P500という米国の代表的な株価指数のものです。

見ればわかるように右肩上がりで上昇しているのがわかると思います。

短期的な取引では上がるか下がるかのギャンブルになりやすい株式の取引。

長期的に株式を保有することによってギャンブルになりにくいのがメリットと言えます。

取引にかかる手数料が少なくて済む

1日に何度も取引を繰り返す短期投資では取引するたびに取引手数料がかかります。

長期投資であれば一度取引したあとはガチホールド!!

その後に必要な手数料は新たに株式を買い増すときにかかる手数料。

短期投資に比べると格段に手数料が少なくてすみます。

仕事をしながらでもできる(あまり手間がかからない)

短期投資は株式チャートの動きをこまめにチェックしなければいけません。

取引のタイミングを逃すと損をしてしまう可能性もあります。

長期投資をするのであれば株式を購入したらガチホールドするため、あらたに買い増すタイミングをチェックするくらいの手間しかかかりません。

長期投資は短期投資に比べて手間がかからないのがメリットと言えます。

米国連続増配株に長期投資するデメリット

すぐに大金が手に入るわけではない

長期投資するわけですからすぐに結果が出るわけではありません。

配当金がもらえる回数は多い会社で年に4回です。

FXのようにレバレッジをかけて運用するわけではないので短期間に大きな利益を得ることは困難です。

米国株の連続高配当株に投資をしてもすぐ結果が出ない点はデメリットといえます。

配当金に米国での税金と日本での税金の両方がかかってしまう

配当金には米国でも日本でも税金がかかります。

米国株での配当金を受け取るためには米国での税金と日本での税金の両方をおさめなければいけません。

米国株で配当金を受け取る場合には二重課税になってしまうのがデメリットです。

米国株はドル建てで購入するため為替変動のリスクがある

米国の株式は日本円で買うことはできません。

米国の株式を購入するためには日本円を米ドルに交換してから購入することになります。

日本円と米ドルを交換する為替相場は常に変動しているため、購入した米国株の日本円での価値は常に変動します。

為替の変動により株式の価値が低くなる可能性があることは米国株に投資する上でのデメリットと言えます。

長期投資するなら米国連続増配株!? まとめ

以上、米国連続増配株に長期投資するメリットとデメリットについて確認してきました。

以下にまとめておきます。

米国連続増配株に長期投資するメリット
・配当金という不労所得を得ることができる
・長期投資は短期投資に比べてリスクが少ない
・取引にかかる手数料が少なくて済む
・仕事をしながらでもできる(あまり手間がかからない)

米国連続増配株に長期投資するデメリット
・長期投資なのでお金が増えるまで時間がかかる
・配当金を受け取る際には米国での税金と日本での税金の両方がかかってしまう
・米国株は米ドル建てで購入するため為替変動のリスクがある

IPO投資に加えて米国株の連続増配銘柄への投資をしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ