IPO

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO申し込みタイムトライアル 主幹事証券と幹事証券の引受株式数の逆転現象が!

あなたも私も1日は24時間。

誰にでも平等に与えられている時間。

時間はできる限り有効に使いたいですよね。

 

私はIPOに初めて当選するまでの6ヶ月間

「IPOの申し込みって意外と時間がかかってるよなぁ。なかなか当選しないしIPOの申し込みやめちゃおうかな」

と思うことがありました。

 

IPO投資を始めたいという人の中には

「これからIPO投資を始めようとしているが自分の大事な時間を使って行う価値があるのか」

とIPO投資を始めるにあたって迷っている方もいるでしょうし

 

IPO投資を続けている人の中にも

「IPO投資を続けているがなかなか結果が出ていないためIPO投資を続けようか否か」

という方もいると思います。

 

そこでこの記事では

IPOの申し込みにかかった時間を計測します。(抽選結果の確認にかかった時間も追記予定)

 

IPOの申し込みにかかる時間を知ることによって、あなたの大切な時間を使う価値があるのかどうかの指標となれば幸いです。

IPOの申し込みにかかる時間を計測する環境と条件

計測を始める前に計測する環境と条件を確認しておきましょう。

IPOの申し込みにかかる時間を計測するための環境と条件

・PCから申し込む
・PCは電源が入ってすぐに使える状態
・目論見書は確認済
・使うブラウザはChrome
・ブラウザが立ち上がっている状態から計測開始
・スマホのストップウォッチ機能を使い各証券会社ごとに所要時間を計測
・証券会社のページからログアウトしたら計測を終了する。

以上の7つの条件のもとで計測したいと思います。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOの各証券会社ごとの申し込みの流れと所要時間

・大和証券
・みずほ証券
・SBI証券
・マネックス証券

以上の4つの証券会社で申し込みにかかった時間を計測します。

大和証券

申し込みの流れ

ログイン
→買付余力確認
→入金手続
→IPO申し込み
→抽選結果公表日確認
→ログアウト

所要時間 5分25秒

みずほ証券

申し込みの流れ

ログイン
→買付余力確認
→IPO申し込み
→抽選結果公表日確認
→ログアウト

所要時間 2分30秒

SBI証券

申し込みの流れ

ログイン
→買付余力確認
→申し込み株数の計算(SBI証券は申し込み株数に応じて抽選されるため)
→IPO申し込み
→抽選結果公表日確認
→ログアウト

所要時間 1分53秒

マネックス証券

申し込みの流れ

ログイン
→買付余力確認
→入金手続
→IPO申し込み
→抽選結果公表日確認
→ログアウト

所要時間 3分25秒

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO申込にかかった時間は?

各証券会社のIPO申込にかかった時間は以下の通りです。

証券会社 所要時間 抽選結果公表日
大和証券 5分25秒 2018年12月11日
みずほ証券 2分30秒 2018年12月11日6時~
SBI証券 1分53秒 2018年12月10日18時~
マネックス証券 3分25秒 2018年12月10日

4社のIPO申込にかかった時間の合計は

13分13秒

でした。

 

実はテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)の主幹事証券はいちよし証券なんです。

いちよし証券はIPO申し込みの際、他の証券会社との重複申し込みを認めていないんですよね。

主幹事証券がいちよし証券のため、いちよし証券からのみ申し込みを行うか、その他4社の証券会社から申し込みを行うか迷っていたんです。

そんなふうに思いながら申し込み前に目論見書の訂正事項分に目を通していると株式引受の引受株式数をみて驚きました。証券会社と引受株式数を表にしてみます。

証券会社 引受株式数
いちよし証券 45,700
大和証券 96,400
みずほ証券 16,000
SBI証券 16,000
極東証券 5,300
マネックス証券 5,300
エース証券 5,300

いちよし証券と大和証券の引受株式数を見ていただきたい。

主幹事証券と幹事証券の引受株式数の逆転現象が起きているではないですか!!!

どういった理由でこういうことが起きているのかはわかりません。

ということで、いちよし証券からの申し込みは見送り、その他4社からBBの申し込みをしました。

申し込みの時間はかかってしまいましたが、チャンスは増えたんではないでしょうか。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOの申し込みと抽選結果確認にかかった時間は?

証券会社 申込所要時間 抽選結果確認所要時間 合計
大和証券 5分25秒
みずほ証券 2分30秒
SBI証券 1分53秒
マネックス証券 3分25秒
合計 13分13秒

2018年12月11日に追記予定

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)の初値予想アンケート

初値予想の投票はまだ受け付けています。
みなさんのご参加おまちしています。


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

まとめ

2018年12月11日に追記予定

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ