IPO新規上場予測

【IPO新規上場予測】株式会社ストライプインターナショナル 企業情報

どうも、あじうじんです^^

2016年頃、新規上場を目指していたが将来の事業拡大のためのM&Aを優先するためにIPOを延期した株式会社ストライプインターナショナル。

事業拡大のためのM&Aが一段落した後2018年11月をめどに上場を目指すと石川康晴社長兼CEOが公言していたが、こちらも延期。

IPOは目指しているがいつ頃になるかわからない株式会社ストライプインターナショナル。

2019年中に上場するかが気になるところです。

もし2019年に株式会社ストライプインターナショナルが上場するとしたらどんな企業か気になりますよね。

そこでこの記事では2019年以降に上場するかもしれない株式会社ストライプインターナショナルの企業情報などについて紹介します。

株式会社ストライプインターナショナルの企業情報

1995年に設立されたアパレル業の会社です。

事業内容はアパレル衣料品・バッグ・靴・貴金属その他雑貨の企画、製造、販売及び飲食店の運営です。

株式会社ストライプインターナショナルは経営理念として「セカンドファミリー」という概念を掲げています。

「セカンドファミリー」とは関わる人のすべての人が「もうひとつの家族」であるという考えのもとに人との関係を築いていくことです。

2016年にM&Aのために上場が延期になった際には株式会社アルファベットパステルなどの会社を吸収。

2018年2月には株式会社ストライプデパートメントをソフトバンクとの合弁企業として設立しています。

株式会社ストライプインターナショナルはユニクロのように製造から販売までを手がけるSPA(製造小売)です。

ユニクロやファッションECモールであるZOZOTOWNにどこまで迫れるかが注目されます。

株式会社ストライプインターナショナルが提供しているブランド

株式会社ストライプインターナショナルが提供しているブランド
  • earth music&ecology (ウィメンズ・キッズ)
  • koé (メンズ・ウィメンズ・キッズ)
  • E hyphen world gallery (ウィメンズ)
  • Green Parks (ウィメンズ・キッズ)
  • YECCA VECCA (ウィメンズ)
  • SEVENDAYS=SUNDAY (メンズ・ウィメンズ・キッズ)
  • AMERICAN HOLIC (ウィメンズ)
  • GARAGE OF GOOD CLOTHING JAPAN (ウィメンズ)
  • LEBECCA boutique (ウィメンズ)
  • NiCORON (ウィメンズ・キッズ)
  • Honey Salon (ウィメンズ)

公式サイトを確認したところアパレル部門では上記の11ブランドが掲載されていました。

「koé」「SEVENDAYS=SUNDAY」を除くとその他はすべて女性向けあるいは子供向けのブランドとなっています。

子供向けのブランドが多くあることから母親とその子供をメインのターゲットに設定しているのかもしれません。

母親をブランドのファンにしてしまえば子供も母親と同じブランドの服を着ることになるでしょうからね。

女性向け・子供向けのブランドをメインで展開しているのは、株式会社ストライプインターナショナルのしたたかな戦略のように感じます。

株式会社ストライプインターナショナルの管理人の独断と偏見による初値予想

まだ新規上場していない株式会社ストライプインターナショナルですが、もし上場したら初値はどうなるでしょうか。

管理人の独断と偏見で株式会社ストライプインターナショナルが新規上場した際の初値を予想します。

株式会社ストライプインターナショナルが上場した際の初値は

公募割れ

と予想します。

公募割れすると考える理由は株式会社ストライプインターナショナルの業種がアパレル業だからです。

IPOにおいてアパレル業というのは人気化しにくい業種のひとつなんです。

2018年に新規上場した企業の中にもアパレル業の企業がありました。

ナルミヤ・インターナショナル(9275)とワールド(3612)です。

管理人はどちらのIPOも手に入れたのですが、両方とも公募割れという結果になりました。

【SMBC日興証券】上場日にIPOを売却する手順を画像を交えて解説!!IPOに当選したとしても売却方法がわからないと困りますよね。 この記事ではSMBC日興証券でIPOを上場日に売却する手順を画像を交...
【落胆】ワールド(3612)のIPOを初値で売った結果2018年9月28日、ワールド(3612)が東証一部に再上場しました。 気になる初値は…とその前に管理人のワールド(3612)のI...

ナルミヤ・インターナショナル(9275)とワールド(3612)のIPOに当選した段階ではアパレル業がIPOにおいて人気化しにくい業種だとは知りませんでした。

もしアパレル業が人気化しにくい業種だと知っていたらナルミヤ・インターナショナル(9275)とワールド(3612)のIPOは購入していなかったかもしれません。

株式会社ストライプインターナショナルもメインの業種がアパレル業なので人気化しにくいのではないかと予想しているわけです。

管理人の独断と偏見で、株式会社ストライプインターナショナルが新規上場した際の初値は「公募割れ」と予想します。

【IPO新規上場予測】株式会社ストライプインターナショナル 企業情報 まとめ

以上、株式会社ストライプインターナショナルの企業情報について紹介しました。

上場を匂わしては延期というのを繰り返しているので、もし新規上場した際には上場ゴールとならないことを願います。

2019年中に新規上場するか、はたまた2020年のオリンピックイヤーに新規上場するかはわかりませんが、IPOに申し込むためには証券口座が必要です。

以下の記事で管理人が口座を開設している証券会社を紹介しています。

【IPO】管理人が口座開設しているおすすめ証券会社について紹介!!どうも、あじうじんです^^ IPOの抽選に申し込むには証券会社に口座を開設しなければなりません。 私もIPOに申し込むため複...

株式会社ストライプインターナショナルの上場に備えて口座を開設しておきましょう。

 

株式会社ストライプインターナショナル以外で今後上場が予測されている企業が気になるという方は以下の記事にまとめてありますのでぜひ御覧ください。

【IPO】2019年以降に上場が予想される企業69社どうも、あじうじんです^^ 新規上場を目指している会社ってどんな会社でしょうか? 今後成長が期待される会社が上場を目指してい...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ