IPO

ソフトバンク(9434)新規上場!! IPO情報・評価・まとめ

どうも、あじうじんです^^

ソフトバンク(9434)のIPOが承認されました。

この記事ではソフトバンク(9434)のIPO情報・株主とロックアップ・申し込み状況などについて紹介します。

ソフトバンク(9434)のIPO情報

銘柄 ソフトバンク株式会社(9434)
上場市場 東証
事業内容 ・コンシューマ事業
主に個人のお客様に対する通信サービスを提供
・法人事業
移動通信、ネットワーク、クラウド、固定電話、AI(人工知能)、モノがインターネットにつながるIoT、デジタルマーケティング、セキュリティ等の多岐にわたるサービスやソリューションを提供
・流通事業
法人向けにはICT(情報通信技術)、クラウド、IoTソリューションなどに対応した商材を取り扱っている。個人のお客様向けにはメーカーあるいはディストリビューターとしてアクセサリーを含むモバイル・PC周辺機器、ソフトウェア、IoTプロダクト等、多岐にわたる商品の企画・供給を行っている。
ブックビルディング期間 2018年12月3日(月)~2018年12月7日(金)
購入申込期間 2018年12月11日(火)~2018年12月14日(金)
上場日 2018年12月19日(水)
想定発行価格 1,500円
仮条件 1,500円~1,500円
公募 0株
国内売出 1,427,287,400株
海外売出 176,406,300株
OA 160,369,400株
吸収金額 約26,461億円(想定発行価格で計算。仮条件をもとに計算しても同様)
主幹事証券 野村證券
大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
幹事証券 岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
西日本シティTT証券
松井証券
マネックス証券
あかつき証券

カブドットコム証券岡三オンライン証券から申し込み可能になりました。

ソフトバンク(9434)の主要株主・株主比率・ロックアップの状況

株主名 株式所有比率 [%] ロックアップ期間 [日]
ソフトバンクグループジャパン株式会社 97.57 180
孫 正義 0.08
宮内 謙 0.08
榛葉 厚 0.04
今井 康之 0.04
宮川 潤一 0.04
藤原 和彦 0.03
久木田 修一 0.03
エリック・ガン 0.03
青野 史寛 0.03

ソフトバンク(9434)の申込状況と抽選結果

証券会社 申込状況 抽選結果
主幹事 野村證券 申込済 補欠当選
大和証券 申込済 当選
SMBC日興証券
みずほ証券 申込済 当選
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券 申込済 補欠当選
幹事 東海東京証券 申込済 当選
松井証券 申込済 当選
マネックス証券 申込済 落選
One Tap BUY 申込済 100株当選
カブドットコム証券
岡三オンライン証券 申込済 補欠当選

ソフトバンク(9434)の評価とBBスタンス

ソフトバンクといえば知らない人はいないでしょう。

吸収金額が2兆6461億円

超大型IPOです!!!

IPOの申し込みを開始して約7ヶ月、吸収金額が1兆を超える銘柄に始めて出会いました・ω・

 

記事作成のために目論見書を確認しようとすると…

いつもならログインしなくても見れる目論見書がログインしないと見れない( ゚д゚)

ぜひこちらから確認していただきたい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
SBI証券のIPO情報のページに移動する

仕方がないのでログインして目論見書をクリックすると以下の確認画面が…

日本から持ち出してはいけない超極秘資料のようです(^_^;)

 

もちろん上記事項に了承し、目論見書を閲覧。

普通の会社の目論見書といったらだいたい150ページくらいのところ、なんと299ページ!!!

さすが日本を代表する企業、ソフトバンクですね!

 

目論見書の話はさておき。

誰もが知っているソフトバンクということで注目度は十分。

しかしながら上場規模が類を見ないほど大きいため市場参加者の動向が読みづらいと思います。

IPO当選者が初値売りをするかそれとも投資対象として保持するか。

市場参加者が静観するかそれとも投資対象として購入するか。

 

結局は上場日にIPO当選者と市場参加者がどう動くのか?

ということが重要になってくるわけですが、こればっかりは蓋を開けてみないとわかりませんね(^_^;)

 

取扱証券会社も多く、公開株数も多いため複数当選も期待できそうです。

ソフトバンクがこれからも成長する会社と考えるのならば、IPOに当選しても初値で売らないで保持しておくことも選択肢の一つですね。

私の方針としては全力で申し込んで、複数当選した場合は初値売りと投資対象として保持、複数当選しなかった場合は初値売りでいきたいと思います。

(追記) ギリギリまでBBスタンスを保留したいと思います。

ソフトバンク(9434)の初値予想アンケート


 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ