IPO新規上場予測

【IPO新規上場予測】株式会社ソシオネクスト 企業情報 全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)がすごい!!

ゆう
ゆう
部長!株式会社ソシオネクストが2020年にも新規上場を目指していると耳にしましたが、どうなんでしょう?
部長
部長
株式会社ソシオネクストは2015年3月に富士通とパナソニックのシステムLSI事業が統合して設立された会社だよね。2015年4月、設立当初の西口会長が「5年以内に売上高2,000億円、営業利益を10%~15%引き上げ、IPOを目指す」とコメントしていたようだから、2020年に上場を目指しているのは本当のようだよ。
ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストが上場を目指しているのは2020年ですけど、今のうちにどんな会社か知っておきたいです。
部長
部長
株式会社ソシオネクストがどんな会社なのか、気になるよね。この記事では株式会社ソシオネクストの企業情報や製品情報などについて紹介していくよ。
【IPO】IPO投資に関する疑問・質問 まとめ 【IPO】IPOに関する疑問・質問 >>>【IPO】IPO投資の魅力とは?当選して初値で売却すれば勝率約〇〇%!! >>>【...

株式会社ソシオネクストの企業情報

ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストってどんな会社でしょうね。とりあえずググってみましょう。
部長
部長
公式サイトをチェックしてみると日本語以外にも英語、中国語でも閲覧できるみたいだね。
ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストのウェブサイトが英語や中国語で閲覧可能なのは多国籍企業だからですね。株式会社ソシオネクストの事業内容は「SoC及びSoCを核とするソリューションサービスの設計、開発及び販売」のようですが、SoCやソリューションサービスってなんでしょう?
部長
部長
SoCとソリューションサービスについて調べてみたよ。
SoCとは?

System-on-Chipの略。

複雑な機能を果たす電子回路の多数の素子が作り込まれている電子部品の製品のこと。

ソリューションサービスとは?

顧客が抱える問題点を分析し、問題点を解決するために必要なシステムを提案・構築するサービスのこと。

ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストが持っているSoCの技術で顧客が抱えている問題を解決することを事業としているようですね。ドローンや自動車のインターフェース、医療機器などの様々な分野で株式会社ソシオネクストの技術が活躍しているようです。
部長
部長
株式会社ソシオネクストは「for better quality of experience」(より良い品質ために)の経営理念のもと、株式会社ソシオネクストの顧客はもちろん世界中の人々に新しい価値、商品、サービスを提供し豊かな社会の実現に貢献していくことを目指しているようだね。今後の成長が楽しみな会社といえそうだね。

株式会社ソシオネクストが提供する全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)

ゆう
ゆう
部長!株式会社ソシオネクストのYou Tubeの公式チャンネルを見ていたら、株式会社ソシオネクストが提供する「全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)」というおもしろい製品を発見しましたよ。動画もあるのでぜひ見てください。

部長
部長
「全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)」は不思議な感じだね。車の中のモニターに車の外から車を見た映像が映し出されるなんて、まるで幽体離脱のような感じだね。
ゆう
ゆう
こんな技術があるなんて知らなかったので驚きでしたよ。
部長
部長
「全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)」は車だけでなく、飛行機や船舶などにも応用できそうな技術だから、ますます株式会社ソシオネクストの成長が期待できそうだね。

【IPO新規上場予測】株式会社ソシオネクスト 企業情報 全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)がすごい!! まとめ

ゆう
ゆう
部長!株式会社ソシオネクストの企業情報などについて理解できました。
部長
部長
それにしても「全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)」の技術には驚いたよね。
ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストは「全周囲立体モニタシステム(OMNIVIEW)」の技術もありますし、2020年に新規上場するとすれば期待できそうな会社ですね。
部長
部長
株式会社ソシオネクストがいつ上場するかはわからないけど、IPOに申し込むためには証券口座が必要だよね。以下の記事で管理人が口座を開設している証券会社を紹介していますのでぜひご覧ください。
【IPO】管理人が口座開設しているおすすめ証券会社について紹介!!どうも、あじうじんです^^ IPOの抽選に申し込むには証券会社に口座を開設しなければなりません。 私もIPOに申し込むため複...
ゆう
ゆう
株式会社ソシオネクストの上場に備えて口座を開設しておきましょう。
部長
部長
株式会社ソシオネクスト以外で今後上場が予測されている企業が気になるという方は以下の記事にまとめてありますのでぜひ御覧ください。
【IPO】2019年以降に上場が予想される企業69社どうも、あじうじんです^^ 新規上場を目指している会社ってどんな会社でしょうか? 今後成長が期待される会社が上場を目指してい...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見とご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ