IPO新規上場予測

【IPO再上場予測】スカイマーク株式会社

どうも、あじうじんです^^

『第一に「安全」第二に「定時性」第三に「快適性と経済性」』を追求してきた航空会社のスカイマーク株式会社が再上場するのではないかとの情報をキャッチしました。

スカイマーク株式会社とはどんな会社なんでしょうか。

この記事ではスカイマーク株式会社の企業情報などについて紹介します。

スカイマーク株式会社の企業情報

1996年11月に設立。

1986年の航空輸送業の規制緩和政策による新規参入した航空会社です。

事業内容は「定期航空運送事業他」となっています。

ANA・JALといった大手の航空会社よりも割安な運賃でサービスを提供しているのが特徴です。

スカイマーク株式会社の沿革

スカイマーク株式会社の沿革を見てみましょう。

西暦 沿革
1996年 東京都新宿区にスカイマークエアラインズを設立
1998年 定期航空運送事業免許取得
羽田=福岡線 第1便就航
2000年 東証マザーズに上場
2002年 国際運送事業免許取得
羽田=ソウル線 国際チャーター第1便就航
2004年 ゼロ株式会社と合併
2006年 スカイマーク株式会社に商号を変更
2013年 東証一部へ市場変更
2015年 民事再生手続開始申立
東証一部を上場廃止
2016年 民事再生手続集結

創業して4年ほどで株式を上場、東証一部へ昇格したにも関わらず、2015年には民事再生手続きに入り、上場廃止になっていますね。

スカイマーク株式会社が上場廃止になった背景

スカイマーク株式会社は事業拡大のために中型機や大型機を導入したのですが、うまく顧客を集めることができず資金繰りが悪化していました。

自力での経営再建をあきらめたスカイマーク株式会社は2015年1月28日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請。

スカイマーク株式会社が民事再生法の手続きを開始した2015年1月28日、東京証券取引所はスカイマーク株式会社の上場廃止を決定しました。

2015年1月28日に317円だった株価はその後2日連続でストップ安をつけました。

上場廃止となる2015年2月27日の株価は14円。

1ヶ月あまりで1/20以下になってしまうとは…

株式投資での1番のリスクは企業の倒産というのはこのようなことが実際に起こるからですね。

スカイマーク株式会社の再上場の時期は?

民事再生手続を経て経営再建が進んでいるスカイマーク株式会社に再上場の時期はいつ頃になるのでしょうか。

2018年8月に市江正彦社長が2020年の前半にも再上場する考えをしめしました。

東京オリンピックを前に再上場ということになるのでしょうか。

【IPO再上場予測】スカイマーク株式会社 まとめ

以上スカイマーク株式会社の企業情報などについて見てきました。

上場廃止になっている銘柄の再上場なので人気化するかどうかが気になるところです。

2018年にも再上場した銘柄はあるんですが良い結果ではなかったですね。

再上場案件は人気薄で当選しやすい傾向にあるようです。

管理人も再上場案件に当選し負債を負いました。結果は以下の記事を見ていただければと思います。

【SMBC日興証券】上場日にIPOを売却する手順を画像を交えて解説!!IPOに当選したとしても売却方法がわからないと困りますよね。 この記事ではSMBC日興証券でIPOを上場日に売却する手順を画像を交...

https://ajiujin.com/world_ipo_ip_sell/

管理人はスカイマーク株式会社の再上場について、人気化しにくい再上場案件というであまり期待していません。

もしスカイマーク株式会社の再上場を待ち望んでいるという方がいれば、口座開設しておいてはいかがでしょうか。

以下の記事で管理人が口座を開設している証券会社を紹介しています。

【IPO】管理人が口座開設しているおすすめ証券会社について紹介!!どうも、あじうじんです^^ IPOの抽選に申し込むには証券会社に口座を開設しなければなりません。 私もIPOに申し込むため複...

スカイマーク株式会社の上場に備えて口座を開設しておきましょう。

 

スカイマーク株式会社以外で今後上場が予測されている企業が気になるという方は以下の記事にまとめてありますのでぜひ御覧ください。

【IPO】2019年以降に上場が予想される企業69社どうも、あじうじんです^^ 新規上場を目指している会社ってどんな会社でしょうか? 今後成長が期待される会社が上場を目指してい...

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見とご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ