証券会社

【朗報】Tポイントで投資信託が買える!!Tポイントが貯まって使える「Tポイントプログラム」をSBI証券が開始予定!!

「Tポイントを貯めているけれど何に使えばいいのかわからない」といった方に朗報です!

SBI証券がTポイントで投資信託が買える「Tポイントプログラム」を2019年7月20日(土)より開始予定です。

貯まりに貯まったTポイントに新たな使いみちが増えました。

ネット証券での口座数・預り資産残高・個人株式委託売買代金においてNo.1であるSBI証券と国内の6946万人が利用するポイントサービスであるTポイントがタッグを組んで開始する「Tポイントプログラム」がどんなサービスか気になりますよね。

この記事ではSBI証券が新たに開始する「Tポイントプログラム」ついて紹介します。

SBI証券でTポイント投資をするためには証券口座が必要です。

まだSBI証券の口座を解説していない方は以下のリンクから証券口座を開設しておきましょう。

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

SBI証券が開始する「Tポイントプログラム」について解説!!

SBI証券が開始する「Tポイントプログラム」を利用するとTポイントで投資信託が買えるようになる

ポイントって貯めてはいるけれど何に使うか迷ってしましますよね。

迷いに迷って使わないで貯め続けているとポイントの有効期限が間近になんてこともあると思います。

SBI証券が新たに開始する予定の「Tポイントプログラム」ではTポイントを使って投資信託を購入することができます。

貯まったTポイントの新たな使いみちが増えることになります。

また投資信託は売却すれば現金に買えることも可能(ただし売却時に税金がかかります)なので、使っていないTポイントの一部またはそれ以上を現金にすることも可能です。

Tポイントが貯まりすぎて困っているという方はSBI証券の「Tポイントプログラム」を利用して投資信託の購入を考えてみてはいかがでしょうか?

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

Tポイントプログラムを利用するとSBI証券で対象となる取引やサービスの利用によりTポイントが貯まる

SBI証券ではこれまでも取引やサービスを利用することによってSBIポイントというポイントが貯まるサービスが提供されています。

SBIポイントはポイント開始の手続きを行った上で、SBIポイントのWEBサイトで使うことが可能です。

SBIポイントはSBIポイントのWEBサイトでなければ使うことができませんでした。

今後開始が予定されている「Tポイントプログラム」ではSBIポイントのように、取引やサービスの利用の際にポイントが貯まるようです。

またSBI証券を利用するさいSBIポイントを貯めるか、Tポイントを貯めるかどちらを貯めるか選ぶことができるようになるようです。

これまでSBI証券で貯めることができたSBIポイントはSBIポイントのWEBサイトでしか使うことができませんでした。

今後SBI証券が提供する「Tポイントプログラム」で貯めることができるようになるTポイントは全国105万を超える店舗で利用できます。

Tポイントを貯めている方ならこれまで貯めることができたSBIポイントを貯めるよりもTポイントを貯めるほうが良いかもしれませんね。

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

「Tポイントプログラム」開始にともない3つのキャンペーンを予定

SBI証券では「Tポイントプログラム」の導入にともない3つのキャンペーンを開始する予定です。

3つのキャンペーンは以下の通り

SBI証券が「Tポイントプログラム」の導入にともない開始する予定の3つのキャンペーン

・20名に100万ポイント、総額2,000万ポイントプレゼント

・「Tカード番号登録」で、期間固定Tポイント100ポイントを先着60,000名にプレゼント

・20万ポイントの期間固定Tポイント100ポイントを新規口座開設の顧客で山分け

キャンペーンでプレゼントされるポイントを計算してみると

2,000万P+100P×60,000P+20万P=2,620万ポイント

なんと2,620万ポイント!

大盤振る舞いといってもよいのではないでしょうか?

すでにSBI証券に口座を開設している人はもちろん、これから口座を開設する人もSBI証券が開始する予定の「Tポイントプログラム」を利用する価値がありそうです。

SBI証券の口座を開設していない方は今すぐ口座を開設して「Tポイントプログラム」の開始に備えましょう!

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

【朗報】Tポイントで投資信託が買える!!Tポイントが貯まって使える「Tポイントプログラム」をSBI証券が開始予定!! まとめ

以上、SBI証券が開始を予定している「Tポイントプログラム」について解説してきました。

まとめてみると

「Tポイントプログラム」まとめ

・Tポイントで投資信託が購入可能になる

・SBI証券での取引やサービスの利用でTポイントを貯めることができる

・「Tポイントプログラム」開始にともないキャンペーンを実施予定

「Tポイントの使いみちに困っている」

「投資にチャレンジをしてみたいけど現金を使って始めるのはちょっと…ポイントで投資にチャレンジできるのならしてみたい」

といった方はSBI証券が開始する「Tポイントプログラム」を利用して投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

SBI証券の口座開設がまだ済んでいないという方は以下のリンクからどうぞ!

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ