IPO

【SBI証券】IPOに当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!!

IPOに当選した場合、購入申込みの手続きをしなければIPOを手に入れることができません。

この記事ではSBI証券でIPOに当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説していきます。

SBI証券は主幹事証券になることも多く、IPO投資をするならば必須の証券口座です。

SBI証券の証券口座は無料で開設することができます。

以下のリンクからSBI証券の口座を開設しておきましょう。

▽SBI証券の口座開設はこちら▽

SBI証券

【SBI証券】IPOに当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!!

SBI証券のログイン画面にアクセス

以下のリンクからSBI証券のログイン画面にアクセスします。

SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA

SBI証券のトップページへ移動

①「ユーザーネーム」を入力します。

②「パスワード」を入力します。

③「ログイン」をタップしてお客様サイトへログインします。

お客様サイトへ移動

IPOの項目が表示されるまで画面を下へスクロールさせ「IPO(新規上場)PO(公募増資・売出)」をタップします。

「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」へ移動

購入申込みを行う銘柄が表示されるまで画面を下にスクロールさせ「当選株購入」をタップします。

新規上場株式購入意思表示(契約締結前交付書面閲覧)へ移動

「契約締結前交付書面を閲覧する」をタップします。

契約締結前交付書面が新しいタブで開きます

「新規公開株式の契約締結前交付書面」の内容を確認し、「内容を理解しました」をタップします。

新規上場株式購入意思表示(目論見書閲覧)へ移動

「目論見書を閲覧する」をタップします。

新規上場株式購入意思表示へ移動

預かり区分を選択した上で購入意思株数を入力します。

新規上場株式購入意思表示の画面を下にスクロールさせます

①「購入意思株数」が入力されていることを確認します。

②「取引パスワード」を入力します。

③「意思表示確認画面へ」をタップします。

意思表示確認画面へ移動

「購入」をタップします。

新規上場株式購入意思表示受付に移動

以上でIPOの購入申込が完了しました。

【SBI証券】IPOに当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!! まとめ

以上、SBI証券でIPOに当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説してきました。

IPOに当選したときに備えて購入申込み手順を確認しておきましょう。

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ