IPOの基礎知識

【IPO】申し込み時のストライクプライスって何?

どうも、あじうじんです^^

IPO投資をするためには口座開設しなくてはなりません。

2017年の取扱実績第1位のSBI証券はIPO投資を始めるにあたって口座開設が必須の証券会社です。

まだ口座開設をしていないという方以下の公式サイトへぞうぞ。

SBI証券の公式サイトへ

SBI証券でIPOの申し込みをするときに「ストライクプライス」という言葉を目にしたことがあると思います。

この記事では「ストライクプライス」とは何なのか?について説明します。

【IPO】申し込み時のストライクプライスって何?

SBI証券でIPOに申し込みを行うときに需要申告するときの希望価格の一つです。

IPOの抽選に申し込むときには証券会社に対して希望価格を申し出ます。

希望価格は仮条件の範囲内で特定の金額を指定するか、仮条件の範囲内のどの金額でも購入する意思があることを示す成行で指定するのが一般的です。

「ストライクプライス」は希望価格を指定しないでどんな価格でもIPO株を購入する意思があることを示すものです。

仮条件が決定し需要申告が開始されてから仮条件の上限に変更があった場合、新たな仮条件の上限を希望価格として申込むためには、希望価格の変更が必要です。

「ストライクプライス」はどんな価格でも購入意思を示すものなので、仮に仮条件の上限が変更になったとしても申告価格を変更する必要がありません。

【IPO】申し込み時のストライクプライスって何? まとめ

「ストライクプライス」で申し込んでおけば需要申告開始後に仮条件が変更になったとしても希望価格を変更しなくて良いんですね。

いまのところそういう状況に出会ったことはありませんが。

「ストライクプライス」はSBI証券がIPO申込時に指定する希望価格の一つです。

SBI証券は2017年のIPO取扱実績第1位の証券会社です。

SBI証券はIPO投資を行う上で必須の証券会社です。

IPO投資をお考えの方はぜひ口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

SBI証券の公式サイトへ

SBI証券以外でおすすめな証券会社は資金不要で申し込みができる証券会社です。

以下の記事にまとめてありますのでぜひ御覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見とご感想お待ちしております^^

【IPO】IPO投資に関する疑問・質問 まとめ 【IPO】IPOに関する疑問・質問 >>>【IPO】IPO投資の魅力とは?当選して初値で売却すれば勝率約〇〇%!! >>>【...
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ