つみたてNISA

【つみたてNISA】楽天証券で積立投資している投資信託10銘柄の運用実績 7週目 評価損益合計-975円

ゆう
ゆう
部長!楽天証券で投資信託10銘柄に積立投資をはじめてから7週間が経ちました。運用結果が気になります。
部長
部長
OK!楽天証券のつみたてNISAで運用している投資信託10銘柄の運用結果を確認していくよ。楽天証券で積立投資を考えている方は無料で口座の開設ができるので今すぐ以下のリンクから証券口座を開設しておきましょう。

▽楽天証券の口座開設はこちら▽

楽天証券

【つみたてNISA】楽天証券で積立投資している投資信託10銘柄の運用実績 7週目 評価損益合計-975円

ファンド名 評価額[円] 評価損益[円] 評価損益率[%]
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) 2950 -50 -1.67
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 2843 -57 -1.95
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)) 2912 -88 -2.93
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 2909 -91 -3.02
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド 2907 -93 -3.09
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 2902 -98 -3.28
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2792 -108 -3.71
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 2790 -110 -3.79
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)) 2886 -114 -3.78
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 2734 -166 -5.71
28625 -975
ゆう
ゆう
2019年6月19日から積立をはじめて7週間が経ちました。積立を開始してはじめて投資信託の評価損益がマイナスになってしまいました。
部長
部長
積立を開始して7週間、積立している投資信託すべての銘柄でマイナスの評価損益となってしまったね。NYダウは2019年8月2日(木)に大きく下落、日経平均株価も2019年8月3日(金)に大きく下落。NYダウと日経平均株価の大きな下落が積立している投資信託の評価損益がマイナスになった原因といえそうだね。投資信託の銘柄ごとの評価損益だけど銘柄ごとにかなりの差が出ているね。損益率ベスト1と損益率ワースト1の銘柄を比べてみると3倍以上の差があることを考えると長期的に運用する際には投資する投資信託の銘柄の選別が重要なポイントとなりそう。

【つみたてNISA】楽天証券で積立投資している投資信託10銘柄の運用実績 7週目 評価損益合計-975円 まとめ

ゆう
ゆう
以上で楽天証券でのつみたてNISAの運用結果を確認できました。
部長
部長
つみたてNISAで投資信託の積立投資を開始して7週間、すべての投資信託の銘柄がマイナスの評価損益になってしまったのは残念。そもそもつみたてNISAで投資をする場合、20年間の非課税期間の恩恵を受けることが重要になるから7週間くらいの運用実績でどうこういうものでもないんだよね。これからつみたてNISAで投資を考えている方はどんな投資信託に投資すればよいのか悩むのではないかと思います。このブログでは今後もつみたてNISAで楽天証券の投資信託10銘柄に積立投資し、その運用実績を更新していきます。これからつみたてNISAで積立投資の開始を考えている方はこのブログのつみたてNISAの運用実績を参考にしていただければと思います。楽天証券ではつみたてNISAで投資信託を毎日自動で積み立てる設定ができるのでつみたてNISAを始める証券会社としてはおすすめの証券会社です。つみたてNISAで積立を開始するなら証券口座が必要です。以下のリンクから証券口座を開設しておきましょう。

▽楽天証券の口座開設はこちら▽

楽天証券

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ