IPO

ポート(7047)新規上場!! IPO情報・評価・まとめ 東証マザーズ及び福証Q-Board 吸収金額約53.3億円

どうも、あじうじんです^^

ポート(7047)のIPOが承認されました。

この記事ではポート(7047)のIPO情報・株主とロックアップ・申し込み状況などについて紹介します。

ポート(7047)のIPO情報

銘柄 ポート株式会社(7047)
上場市場 東証マザーズ及び福証Q-Board
事業内容 仕事・キャリア選択のノウハウサイト「キャリアパーク」、お金に関するライフサポート型サイト「マネット」、知っておくべき病気の知識を提供する医療情報サイト「オンラインクリニック」の運用
ブックビルディング期間 2018年12月6日(木)~2018年12月12日(水)
購入申込期間 2018年12月14日(金)~2018年12月19日(水)
上場日 2018年12月21日(金)
想定発行価格 1,450円
仮条件 1,420円~1,480円
公募 750,000株
売出 2,444,500株
OA 479,100株
吸収金額 約53.3億円(想定発行価格で計算)
約52.2億円~約54.4億円(仮条件をもとに計算)
主幹事証券 大和証券
幹事証券 SBI証券
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
丸三証券
エイチ・エス証券

※岡三オンライン証券、カブドットコム証券から申し込み可能になりました。

ポート(7047)の主要株主・株主比率・ロックアップの状況

株主名 株式所有比率 [%] ロックアップ期間 [日]
春日 博文 40.08 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
JAPAN VENTURES I L.P. 21.17 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
Samurai Incubate Fund 2号投資事業有限責任組合 10.41 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 9.01 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
丸山 侑佑 5.85 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合 1.83 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 1.61
SBIベンチャー企業成長支援3号投資事業有限責任組合 1.24
SBIベンチャー企業成長支援4号投資事業有限責任組合 0.90
Samurai Incubate Fund 5号投資事業有限責任組合 0.81

ポート(7047)の申込状況と抽選結果

証券会社 申込状況 抽選結果
主幹事 大和証券
幹事 SBI証券 申込済 補欠当選
野村證券
SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
エイチ・エス証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券

ポート(7047)の評価とBBスタンス

事業内容を確認してみると、どうやらインターネット上の広告代理店のような仕事をしているようです。

キャリア系のインターネットメディアの「キャリアパーク」では閲覧者を会員化するために、非会員でも利用できるが、会員しか閲覧できない情報の提供も行っているということです。

ポートが運営している「キャリアパーク」「マネット」「オンラインクリニック」のいずれのメディアも特定領域に特価したバーティカルサイトであり、各領域で提供するコンテンツと相性の良い広告主を選定することができることが収益拡大に貢献しているようです。

 

上場市場は東証マザーズ及び福証Q-Board、吸収金額が約53.3億円。

吸収金額がそこそこ大きいです。

参考までに2018年1月から2018年11月18日現在までで、吸収金額50億円以上かつ東証マザーズに上場した銘柄の公募価格と初値を確認してみると

銘柄名 吸収金額[億円] 公募価格[円] 初値[円] 初値-公募価格[円]
神戸天然物化学 61.3 2,340 3,665 1,325
SOU 56.3 3,300 4,100 800
ラクスル 188 1,500 1,645 145
メルカリ 1,306 3,000 5,000 2,000
MTG 460 5,800 7,050 1,250
SBIインシュアランスグループ 141 2,160 2,160 ±0

6件中5件において初値が公募価格を上回っています。

東証マザーズ上場であれば吸収金額はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

ただし同日に自立制御システム研究所とEduLabが上場することにより資金が分散される可能性があり、懸念材料の一つです。

東証マザーズ上場とはいえやや大型案件であることに加えて同日に上場する企業が2社あるため、仮条件決定後にスタンスを決めたいと思います。

ポート(7047)の初値予想アンケート


 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ