IPO

【野村證券】IPOに補欠当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!!

野村證券でIPOに補欠当選した場合、購入申込みの手続きをしなければ繰り上げ当選の抽選を受けることができません。

この記事では野村證券でIPOに補欠当選した場合の購入申込み手順を画像を交えて解説します。

野村證券はIPOの抽選に参加する際、資金拘束がありません。

資金拘束とは証券会社にIPOを購入する費用を預けることです。

野村證券はIPOの抽選に参加するだけならば資金を預ける必要がありません。

購入の申込をする際に資金を預ければよいのです。

「IPOの抽選に資金拘束なしで参加したい!」という方は野村證券の口座開設をおすすめします。

▽野村證券の口座開設はこちら▽

野村證券

【野村證券】IPOに補欠当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!!

購入申込みの手続きをするためには補欠当選した銘柄を購入できるだけの資金を証券口座に入金しなければならない点には注意が必要です。

以下の購入申込みの手順では入金の手続きが済んだ状態から解説していきます。

野村證券のログイン画面にアクセス

以下のリンクから野村證券のログイン画面にアクセスします。

ログイン | 野村證券

野村證券のログイン画面に移動

①「取引店コード」を入力します。

②「口座番号」を入力します。

③「ログインパスワード」を入力します。

④「ログイン」をクリックしてログインします。

野村證券のトップページヘ移動

「IPO・PO」をクリックします。

「新着情報」から「IPO・PO」へ画面が移動

購入申込をしたい銘柄をタップします。

(以下の画面では「ワールド(3612)」)

購入申込画面に移動

「購入を申し込む/辞退する」をタップします。

「取引注意事項・契約締結書面」へ移動

「取引注意事項・契約締結書面」の内容を確認し、画面を下にスクロールさせます。

「取引注意事項・契約締結書面」に対する同意画面に移動

①「新規公開株式のお取引について(契約締結前交付書面)」の内容を確認します。

②3つの項目について理解・承諾した上でチェックボックスにチェックを入れます。

③「同意する」をタップします。

「IPO/PO目論見書」の画面に移動

①目論見書の内容を確認します。

②目論見書の内容を確認の上、「同意する」をタップします。

「IPO/PO購入申込・辞退-入力-」へ移動

全数申込のチェックボックスにチェックを入れます。

「IPO/PO購入申込・辞退-入力-」の画面を下にスクロール

「確認する」をタップします。

「IPO/PO購入申込・辞退-確認-」へ移動

購入申込内容を確認します。

「IPO/PO購入申込・辞退-確認-」の画面を下にスクロール

①「取引パスワード」を入力します。

②「購入申込・辞退する」をタップします。

「IPO/PO購入申込・辞退-受付-」へ移動

「購入申込内容」を確認し、「IPO/PO銘柄一覧へ」をタップします。

募集情報(IPO)へ移動

「購入申込済」になっているのを確認して終了です。

【野村證券】IPOに補欠当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説!! まとめ

以上、野村證券で補欠当選した場合の購入申込手順を画像を交えて解説してきました。

IPOに当選したときに備えて購入申込み手順を確認しておきましょう。

【参考】補欠当選したワールド(3612)について簡単に解説!!

ワールド(3612)は「アンタイトル」「タケオキクチ」などを主力ブランドとするアパレル大手です。

もともとは東証一部及び大証一部に上場していましたが2005年にMBO(経営陣が参加する買収)のために上場廃止となりました。

つまりワールド(3612)は再上場案件です。

再上場案件はIPO銘柄の中でも人気化しにくい特長があります。

またアパレル業もIPO銘柄の業種としては人気化しにくい傾向があります。

直近のIPO銘柄のナルミヤインターナショナル(9275)はワールド(3612)と同じアパレル業であり再上場案件です。

そのナルミヤインターナショナル(9275)の初値がどうなったか気になりますよね。

ナルミヤインターナショナル(9275)の初値は公募価格を下回りました。

ワールド(3612)はアパレル業、再上場案件というIPO銘柄としては人気化しにくい要素を備えていますが、それ以外にも気になる点が2つあります。

ひとつは上場市場が東証一部であること。

東証一部に新規上場する場合にはある一定の上場規模が必要になります。

そのため吸収金額が大きくなり、初値売りに対する初値買いが追いつかず公募割れを引き起こす可能性が高くなります。

もうひとつは仮条件の下限で公募価格が決定したこと。

仮条件の下限で公募価格が決定したということは人気がなかったということになります。

もし人気があれば高くても購入したい人がいるはずですから、仮条件の上限で公募価格が決定するはずです。

今回補欠当選したワールド(3612)は「アパレル業」「再上場案件」「東証一部上場」「公募価格が仮条件の下限で決定」というIPO銘柄としては人気化しにくい要素が揃っています。

そのため当選した人の中から購入申込みを辞退する人がいれば繰上げ当選の可能性もあります。

繰り上げ当選があった場合は追記しますのでお見逃しなく!!

【追記】野村證券で補欠当選したワールド(3612)のIPOに購入申込した結果は!?

野村證券においてワールド(3612)のIPOに繰上当選しました。

今回繰上当選したワールド(3612)はIPO銘柄としては人気化しにくい要素である、アパレル業ということ、公募価格が仮条件の下限で決定したこと、再上場案件であること、東証一部上場であることにより購入を辞退した方が多かったのかもしれません。

繰上当選したものの上場後の初値には期待できないかもしれません。

【さらに追記】ワールド(3612)のIPOを初値で売却した結果は!?

IPO投資は公募価格で手に入れて初値で売却するのがセオリーな投資方法です。

私が手に入れたワールド(3612)のIPOも上場日に初値で売却しました。

以下の記事でワールド(3612)のIPOを初値で売却した結果について紹介していますので合わせて御覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ