IPO

メドレー(4480)IPO【新規上場承認】IPO主幹事は大和証券 みずほ証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券【抽選結果発表と公募価格決定】吸収金額約205.7億円

あなたにご支援のお願いです

IPO初値予想倶楽部の読者の皆様、こんにちは。日頃からIPO初値予想倶楽部をご利用いただきありがとうございます。少し申し上げにくいのですが、私たちには皆様のご支援が必要です。既にご支援くださっている方には心から感謝しています。あなたのワンクリックまたはワンタップのご支援でIPO初値予想倶楽部は運営を続けることができます。どうぞよろしくお願いいたします。

ご支援方法は以下からお選びいただけます

ブログ村へ行って支援する
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
ブログランキングへ行って支援する

メドレー(4480)の抽選結果が発表されましたので管理人の抽選結果を確認していきます。

メドレー(4480)のIPO抽選結果発表と公募価格決定

証券会社 抽選結果
主幹事 大和証券 補欠当選
みずほ証券 補欠当選
幹事 岡三オンライン証券 落選

メドレー(4480)の公募価格は1,300円で決定しました。

管理人はみずほ証券大和証券で補欠当選しました。

管理人の抽選結果はさておき、メドレー(4480)のIPOに当選している人がいるかツイッターの投稿を確認してみましょう。

主幹事証券の大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券からの当選報告が複数確認できました。

IPO投資をする上で主幹事証券からのIPOの抽選申込は必須と言えそうです。

以下の記事で主幹事証券になることが多い証券会社について紹介していますので合わせてご覧ください。

なかなか当選しないIPOですが、以下の記事で2018年の部長の実質的な当選確率を紹介してますので合わせて御覧ください。

メドレー(4480)の仮条件についての考察とIPO参加スタンス

メドレー(4480)の仮条件は

1,280円~1,300円

で決定しました。

想定発行価格1,280円を下限として決定したところを見ると需給面はまずまずと考えられているようです。

仮条件をもとに吸収金額を計算すると

約202.5億円~約205.7億円

となりました。

参考までに2018年に東証マザーズに上場した吸収金額100億円未満の銘柄の初値と公募価格の関係を確認しておきましょう。

銘柄(証券コード) 吸収金額[円] 公募価格[円] 初値[円] 初値-公募価格[円]
ラクスル(4384) 188 1,500 1,645 145
メルカリ(4385) 1,306 3,000 5,000 2,000
MTG(7806) 460 5,800 7,050 1,250
SBIインシュアランスグループ(7326) 141 2,160 2,160 ±0
自律制御システム研究所(6232) 101 3,400 2,830 -570

5件中3件で初値が公募価格を上回り、5件中1件が公募割れしています。

6銘柄の平均利益は約56500.0円。

上場市場が東証マザーズで吸収金額100億円以上の銘柄については公募割れの可能性も視野にいれてIPOの抽選に参加すべきといえそうです。

管理人はIPO当選後に購入を辞退した場合にペナルティがない証券会社から申し込む予定です。

メドレー(4480)のIPOに申し込むことができる証券会社は以下のとおりです。

IPOの抽選は証券会社ごとに行われます。

多くの証券会社からIPOの抽選に申込を行うことで当選のチャンスは広がります。

できるだけ多くの証券会社の口座を開設してIPOの抽選に申し込みましょう。

以下の記事で管理人が口座を開設している証券会社を紹介しているので合わせて御覧ください。

メドレー(4480)IPO【新規上場承認】IPO主幹事は大和証券 みずほ証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

メドレー(4480)の新規上場が承認されました。

メドレー(4480)は

「医療ヘルスケアの未来をつくる」

をミッションに掲げる会社です。

この記事では、メドレー(4480)のIPO情報、IPOによる手取金の使途、主要株主・株主比率・ロックアップの状況、管理人のIPO申し込み状況とIPO抽選結果、IPO参加スタンス、評判・口コミなどについて紹介していきます。

メドレー(4480)のIPO情報

銘柄 メドレー(4480)
上場市場 東証マザーズ
事業内容 人材採用システム「ジョブメドレー」、クラウド診療支援システム「CLINICS」、医療メディア「MEDLEY」等、医療ヘルスケア領域におけるインターネットサービスの開発提供
ブックビルディング期間 2019年11月27日(水)~2019年12月3日(火)
購入申込期間 2019年12月5日(木)~2019年12月10日(火)
上場日 2019年12月12日(木)
想定発行価格 1,280円
仮条件 1,280円~1,300円
公募価格 1,300円
公募 2,530,000株
売出 11,230,000株
OA 2,064,000株
吸収金額 約202.5億円(想定発行価格で計算)
約202.5億円~約205.7億円(仮条件で計算)
約205.7億円(公募価格で計算)
主幹事証券 大和証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券 クレディ・スイス証券

岡三オンライン証券から申し込み可能になりました。

メドレー(4480)のIPOによる手取金の使途

メドレー(4480)のIPOの手取金の概算額は約32.1億円(約321,340万円)です。

手取金の使途は以下のとおりです。

①人材プラットフォーム事業に係るソフトウェア開発投資資金として(約24,200万円)

②事業拡大のための運転資金として(約168,700万円)

③借入金の返済資金として(約50,000万円)

※上記以外の手取金の残額約78,440万円についてはメドレー(4480)の将来におけるサービス成長に寄与するための支出又は投資として、人材プラットフォーム事業における応募者獲得のための広告費増加分などに充当する方針であり、具体的な充当時期までは安全性の高い金融商品等で運用する方針。

メドレー(4480)の主要株主・株主比率・ロックアップの状況

株主名 株式所有比率 [%] ロックアップ期間 [日]
瀧口 浩平 21.76 180
豊田 剛一郎 14.01 180
グリー株式会社 6.50
MSIVC2012V 投資事業有限責任組合 4.94
インキュベイトファンド1号投資事業有限責任組合 4.84 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
山田 進太郎 2.77 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
白崎 杏輔 2.77 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 2.77 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合 2.77 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)
日本生命保険相互会社 2.63 90
(売却価格が発行価格の1.5倍以上で売却可能)

メドレー(4480)のIPO申込状況とIPO抽選結果

証券会社 申込状況 抽選結果
主幹事 大和証券 申込済 12月5日(木)
みずほ証券 申込済 12月5日(木)6時~
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事 岡三オンライン証券 申込済 12月4日(水)

メドレー(4480)の評判と口コミ

メドレー(4480)の評判と口コミについてツイッターの投稿を確認してみましょう。

「人材メディア事業が柱で、利益率はなんと47.4%。」

「ITで未来の医療の夢を語る会社だが、実際は看護師転職サービスが儲かってるだけ。夢で飯は食えん。医療ITを目指す医学生や医師はメドレーですらITだけで生き残れず泥臭い人材で稼いでたのを忘れないように」

「また大きな吸収額で不安しかないですね。」

などの意見が見られました。

看護師転職サービスで利益を上げて、その利益を「予約・診察・決済まで担う医療プラットフォーム事業に投資」しているようです。

予約をしておくことによって、病院に行けばすぐに診察してもらえる未来というのは魅力的です。

メドレー(4480)がそんな未来を実現してくれるかもしれません。

IPO銘柄としては売出株の比率が高めであるため既存株主の利益確定イベントと投資家から見られる可能性があります。

また東証マザーズ上場銘柄としては吸収金額が大きいので初値の上昇には期待しにくいです。

メドレー(4480)が掲げる医療業界の未来については魅力的ですが、BB参加については慎重になったほうがよいでしょう。

メドレー(4480)のIPO初値予想アンケート

メドレー(4480)の初値予想アンケートにご協力お願いします!


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ