IPO

Kudan(4425)新規上場!! IPO情報・評価・まとめ 東証マザーズ 吸収金額約6.4億円

どうも、あじうじんです^^

Kudan(4425)のIPOが承認されました。

この記事ではKudan(4425)のIPO情報・株主とロックアップ・申し込み状況などについて紹介します。

Kudan(4425)のIPO情報

銘柄 Kudan株式会社(4425)
上場市場 東証マザーズ
事業内容 ・人工知覚(AP)技術の研究開発
・人工知覚(AP)技術のソフトウェアライセンスの提供
ブックビルディング期間 2018年12月4日(火)~2018年12月10日(月)
購入申込期間 2018年12月12日(水)~2018年12月17日(月)
上場日 2018年12月19日(水)
想定発行価格 3,260円
仮条件 2018年12月3日(月)に決定
公募 123,000株
売出 47,900株
OA 25,600株
吸収金額 約6.4億円(想定発行価格で計算)
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 みずほ証券
いちよし証券
大和証券
マネックス証券
エース証券
岡三証券
丸三証券

Kudan(4425)の主要株主・株主比率・ロックアップの状況

株主名 株式所有比率 [%] ロックアップ期間 [日]
大野 智弘 52.98 180
Jun Emi 11.04 180
John Williams 5.40 180
飯塚 健 3.97 180
Net Capital Partners Limited 2.89 180
美澤 臣一 2.66 180
Ardian International Limited 2.10 180
高橋 秀明 2.10 180
斉藤 誠 2.10 180
国際航業株式会社 1.82

Kudan(4425)の申込状況と抽選結果

証券会社 申込状況 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券 申込済 補欠→落選
幹事 みずほ証券 申込済 落選
いちよし証券
大和証券 申込済 選外
マネックス証券 申込済 落選

Kudan(4425)の評価とBBスタンス

Kudanが研究開発している人工知覚(AP)とは機械に周囲の状況を理解する目を与えるための技術ですね。

人工知能(AI)は人間の脳の部分の役割を担うとすると、人工知覚(AP)は人間の目の役割を担う部分と言えます。

これから人工知能(AI)が発達していった場合、周囲の状況を判断する目の機能が必ず必要となるでしょう。

Kudanはこれからも成長が期待できる会社と言えそうです。

 

また、人工知能(AI)関連のIPOは人気化しやすい傾向にあります。

例えばheroz

公募価格が4,500円、初値が49,000円

その差44,500円

2018年1月から2018年11月16日現在までで一番の変化率でした。

 

Kudanの吸収金額は6.4億円。

東証マザーズの小型の案件ですね。

参考までに2018年1月から2018年11月16日現在までで、吸収金額7億円未満かつ東証マザーズに上場した銘柄の初値と公募価格を確認してみると

銘柄名 吸収金額[円] 公募価格[円] 初値[円] 初値-公募価格[円]
アジャイルメディア・ネットワーク 4.3 3,000 15,470 12,470
ブティックス 6.4 1,270 3,210 1,860
日本リビング保証 3.2 1,760 5,100 3.340
ビープラッツ 3.8 2,200 10,000 7,800
ZUU 4.6 1,600 5,550 3,950
バンク・オブ・イノベーション 2.5 960 2,000 1,040
チームスピリット 6.6 1,200 2,417 1,217

7件中7件において初値が公募価格を上回っています。

 

Kudanの上場日は2018年12月19日、ソフトバンクも同日に上場します。

ソフトバンクの上場がKudanの初値の形成に影響を与えるんでしょうか?

 

そもそも小型案件で当選本数少なめなので、当選するのすら難しそうですが(^_^;)

わたしは全力申し込みで行きます!

Kudan(4425)の初値予想アンケート


 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

新規口座開設+取引(適用条件を満たす取引が必要)で30,000円キャッシュバック

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOの抽選に当選しなければ購入することができないですよね。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低いのは良いのですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがアイネット証券が提供しているFXの自動売買『ループイフダン』です。
『ループイフダン』は初心者向けのFXの自動売買システムです。
リスクを理解したうえで売買のルールを決定し、自動売買システムを開始してしまえば手間と時間がかかりません。
忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
FXの自動売買システム『ループイフダン』を運用するにはアイネット証券の口座開設が必要です。
ぜひこの機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。
口座開設はこちら>>>アイネット証券
口座を開設する前に『ループイフダン』についてもっと知りたいという方は、以下の記事で『ループイフダン』の魅力について紹介していますのでぜひ御覧ください。

ループイフダンの魅力とは?1年間の運用で40万円が○○万円に!!どうも、あじうじんです^^ IPO投資をしていると次のように思うことがありませんか? 「IPO投資って意外に手間と時間がかか...