IPOの基礎知識

【IPO】IPO投資の魅力とは?当選して初値で売却すれば勝率約〇〇%!!

どうも、あじうじんです^^

このブログとIPO投資を始めて約7ヶ月。
(2018年11月21日現在)

最近読者の方からご意見をいただけるようになりました。
ヽ(´ー`)ノ

うれしい限りです
(・∀・)

どういったご意見かといいますと

「IPOとはそもそもなんなのか?」

聞かれてみると私もうまく説明できない
(^_^;)

 

そこでこの記事では

「IPOとは何か?IPO投資の魅力とは何か?」

初心者の方にもわかるように解説します。

IPOとは?

IPOとは

Initial Public Offering

の頭文字をとったものです。

日本語では新規公開株といわれています。

IPOとは株式市場で取引できなかった株式を証券取引所に上場し、市場参加者が誰でも取引ができるようにするとともに株式を売り出すことです。

IPOで売り出される株式は各証券会社ごとに割り当てられます。

各証券会社は割り当てられた株式を裁量配分(優良顧客に配分)と抽選配分にどのように振り分けるか決めます。

証券会社ごとに振り分けはそれぞれですが、一般的に裁量配分>抽選配分です。

IPO投資では証券会社が抽選配分に振り分けた部分に申し込み当選を狙います。

IPOで株式を手に入れるためには抽選をくぐり抜け当選しなければ購入することができません。

IPOはくじ引きに当選しなければ買うことすらできない株式なんです。

ではなぜあじうじんはIPO投資をしているのか?

IPO投資の魅力について紹介します。

初値で売れば勝率約90%!圧倒的勝率の高さが魅力!

投資は「お金を増やしたい!」と思って行うものですよね。

例えば株式で利益を出すためには、株を安く買って高く売るだけです。

これがなかなか難しい。

 

もし、約90%の確率で買った価格よりも高い価格で売る方法があったら知りたいと思いませんか?

その方法はズバリ

IPOを公開価格(上場前に購入する価格)で手に入れて初値(上場日に初めてつく価格)で売ることです。

例えば、2017年に上場した94社のうち、初値が公開価格を上回った企業は84社あります。

IPOを公開価格で手に入れて初値で売った場合の勝率を計算すると

84/94×100=89.4%

抽選に当選して株式を購入し、初値で売るだけで約90%の勝率を上げることができるのです。

 

つまり

当たってしまえば勝率約90%!

この圧倒的勝率の高さがIPO投資の魅力です。

今こそチャンスなIPO投資

「2017年の勝率が約90%というデータはIPO投資をおすすめするのに都合の良いデータを載せているだけなんじゃないの?」

と思われたあなたは鋭いです!

実は都合の良いデータを載せていると言われれば間違いではありません。

また

「過去1年分のデータだけじゃわからないよ」

という方もいると思います。

そこで過去2001年から2017年までのIPOを公開価格で買い、初値で売った場合の勝率を表にしてみました。

西暦 新規上場銘柄数[社] 公開価格で購入し初値で売却した場合の勝率[%]
2001 152 72
2002 128 72
2003 126 83
2004 122 73
2005 167 94
2006 196 83
2007 122 73
2008 52 39
2009 19 68
2010 22 46
2011 36 53
2012 50 78
2013 60 93
2014 83 78
2015 97 87
2016 92 76
2017 94 89

表だとちょっと分かりづらいかもしれませんね(^_^;)

上記の表をグラフにしてみましょう。

だいぶ見やすくなりましたね。

上記グラフの青い棒が上場した企業数です。オレンジ色の折れ線がIPO初値売りの勝率です。

注目していただきたいのが2008年です。上場する企業が大幅に減り、IPO初値売りの勝率も50%を下回っているのがわかると思います。

なぜでしょうか?

 

 

 

あなたもご存知だとは思いますが、2008年9月15日、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻しました。リーマン・ブラザーズの経営破綻が発端となり、リーマン・ショックと呼ばれる世界規模の金融危機が発生しました。当然日本もリーマン・ショックの影響を受け株式市場が低迷しました。

IPOも株式ですからリーマン・ショックの影響を受けました。その結果上場する企業が大幅に減り、IPO初値売りの勝率も50%を下回ってしまったんです。

 

その後、上場企業数は2009年で底を打って徐々に上昇しています。またはIPO初値売りの勝率も2014年から80%を上回って現在に至っています

日本の株式市場がリーマン・ショックの影響から脱し回復してきているんです。

 

リーマンショックのような世界的な金融危機がまたいつ来るかはわかりません。

しかし、2014年から現在までIPO初値売りの勝率が80%を超えているのは事実です。

経済情勢が安定している今こそIPO投資のチャンスです!

今すぐIPO投資を始めましょう!!!

IPO投資を始めるには…

IPOを購入するには各証券会社にIPOに申し込みを行う必要があります。

IPOの申し込みを行うには証券口座が必要です。

IPOの抽選は証券会社ごとに受けられるので、できるだけ多くの証券会社に口座を開設しておくことによって抽選に参加する機会を多く得られます。

当然管理人も数多くの証券会社の口座を開設しています。

以下の記事で管理人が口座を開設している証券会社を紹介していますので是非参考にしてください。

【IPO】管理人が口座開設しているおすすめ証券会社について紹介!!どうも、あじうじんです^^ IPOの抽選に申し込むには証券会社に口座を開設しなければなりません。 私もIPOに申し込むため複...

あなたも今すぐ証券口座を開設して勝率約90%のIPO投資を始めましょう!

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

【IPO】IPO投資に関する疑問・質問 まとめ 【IPO】IPOに関する疑問・質問 >>>【IPO】IPO投資の魅力とは?当選して初値で売却すれば勝率約〇〇%!! >>>【...
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ