IPO

IPO仮条件決定 Amazia(4424) ポート(7047) テノ.ホールディングス(7037) レオス・キャピタルワークス(7330) ベルトラ(7048) リンク(4428)

どうも、あじうじんです^^

2018年12月4日、6銘柄の仮条件が決定しました。

銘柄 仮条件
Amazia 1,270円~1,320円
ポート 1,420円~1,480円
テノ.ホールディングス 1,870円~1,920円
レオス・キャピタルワークス 1,300円~1,400円
ベルトラ 360円~384円
リンク 3,380円~3,580円

この記事では以上の仮条件をもとに初値について考察したいと思います。

6銘柄の吸収金額と初値予想

銘柄 仮条件(想定発行価格) 吸収金額
Amazia 1,270円~1,320円(1,270円) 約4.3億円~約4.5億円
ポート 1,420円~1,480円(1,450円) 約52.2億円~約54.4億円
テノ.ホールディングス 1,870円~1,920円(1,900円) 約7.5億円~約7.7億円
レオス・キャピタルワークス 1,300円~1,400円(2,010円) 約47.3億円~約50.9億円
ベルトラ 360円~384円(360円) 約12.9億円~約13.8億円
リンク 3,380円~3,580円(3,110円) 約9.6億円~約10.2億円

それぞれの銘柄の初値について予想してみたいと思います。

Amazia(4424)

想定発行価格が仮条件の下限となっています。

初値に期待できる想定発行価格と仮条件の関係ですね。

 

以下はツイッターの投稿からの引用です。


初値に期待できそうです。

私は全力申し込みでいきます!


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

ポート(7047)

仮条件が想定発行価格の-30円~+30円で決定しました。

吸収金額が約50億円と規模が大きいですね。

 

以下はツイッターの投稿からの引用です。


公開規模の大きさに加え直近の決算が赤字なことが懸念材料のようです。

私のBBスタンスはSBI証券のIPOチャレンジポイント狙いでの申し込みにしておきます。


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

テノ.ホールディングス(7037)

仮条件が想定発行価格の-30円~+20円で決定しました。

吸収金額は約7億円と小規模な案件ですね。

初値の上昇に期待できそうです。

 

以下はツイッターの投稿からの引用です。


テノ.ホールディングスは一度上場の承認が取り消された会社でした。

やはり小型の公開規模が高評価を得て初値の上昇が期待できそうです。

私は全力申し込みでいきます。


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

レオス・キャピタルワークス(7330)

レオス・キャピタルワークス(7330)の仮条件は想定発行価格から-610円から-710円と大幅な下振れとなりました。

IPO投資を始めて約7ヶ月こんな下振れを見たのは始めてです。

ちょっと危険な香りがしますがどうなんでしょう。

 

街の意見を参考にしてみましょう。

以下はツイッターの投稿からの引用です。


仮条件が想定発行価格から610円~710円下げているため要注意なのは間違いないですね。

SBI証券からIPOチャレンジポイント狙いでの申し込みだけにしておこうと思います。


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

ベルトラ(7048)

仮条件は想定発行価格を下限とした360円~384円で決定しました。

仮条件が1,000円未満の銘柄ということもあり堅調な初値が期待できそうです。

以下はツイッターの投稿からの引用です。


大幅な初値上昇は期待できそうにないですが公募価格を割れることはなさそうです。

私は全力申し込みで行きます。


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

リンク(4428)

リンク(4428)の仮条件は3,380円~3,580円と想定発行価格の3,110円から+270円~+470円と大幅に上振れました。

需要が大きかったことが伺えます。

 

街の意見はどうでしょうか。

以下はツイッターの投稿からの引用です。


やはり仮条件が想定発行価格よりかなり上振れしていることにより初値上昇が期待されているようです。

SBI証券が主幹事ということもあり、IPOチャレンジポイントを使用して申し込むことも視野に入れて良いかもしれません。

もちろん全力申し込みでいきます!


上記の「View Results」をポチると投票結果が見られます!

まとめ

6銘柄の仮条件について見てきました。

BBスタンスを決めたのはいいんですが、申し込みを忘れないようにしたいですね。

12月のIPOラッシュの中ですでに一件申し込み忘れをしています。

楽天証券のアルーの申し込みを忘れました(^_^;)

申し込みを忘れないようにしっかりとスケジュール管理したいものです。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ