ソーシャルレンディング

Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初めての貸付ファンドの抽選結果が発表!!部長は当選できたのか!?

ゆう
ゆう
部長!Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初の貸付ファンド『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の抽選結果が発表されましたよ。
部長
部長
OK!『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の抽選結果などを確認していくよ。

▽Funds(ファンズ)の口座開設はこちら▽

Funds

Funds

Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初の貸付ファンド『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の部長の抽選結果

ゆう
ゆう
部長!『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』への当選おめでとうございます!
部長
部長
抽選での募集金額は1億円。購入申込をした金額は10万円。当選したので募集金額の1/1000の10万円を投資することができるよ。
ゆう
ゆう
部長以外にも『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』に当選している人っているんでしょうか?
部長
部長
それは気になるところ。ツイッターの投稿を確認してみよう

ゆう
ゆう
当選が二人、落選が一人確認できました。
部長
部長
私も当選していることを考えると意外と当選しやすかったのかもしれないね。実際の抽選確率がどうだったのか調べてみよう。

Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初の貸付ファンド『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の申込人数と申込金額

ゆう
ゆう
Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初の貸付ファンド『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の申込人数と申込金額はどうだったんでしょうか?
部長
部長
『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の抽選方式での募集金額は1億円だったんだけど、申込の金額はなんと324,907,696円、申込人数は1553人だったよ。
ゆう
ゆう
申込金額が3億円以上とは驚きです!1553人のうち何人くらいが当選したんでしょうか?
部長
部長
当選した人の人数は476人。抽選倍率は約3.3倍ということでかなり当たりやすかったといっていいんじゃないかと思う。
ゆう
ゆう
なかなか当選しないIPOと比べたらかなり当たりやすかったといえますね。
部長
部長
実際に私も当選しているからね。もし今回の抽選方式で当選できなかったとしてもまだ先着方式で『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』に申し込むことは可能だよ。『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の先着方式での申込開始時間は2019年7月12日18時~となっていますので申込を考えている方は忘れずに!

Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初めての貸付ファンドの抽選結果が発表!!部長は当選できたのか!? まとめ

ゆう
ゆう
Funds(ファンズ)が抽選方式を採用した初の貸付ファンド『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』の抽選倍率は約3.3倍とかなり当たりやすかったことがわかりました。
部長
部長
当選しただけでは『リースバック事業「あんばい」ファンド#2』に投資することはできないよ。当選した方はデポジット口座への入金を忘れないといけないね。私もこれからデポジット口座に入金をしてきます。Funds(ファンズ)では1円から貸付ファンドへ投資をすることができます。一部の貸付ファンドで抽選方式の導入が決定したことによりさらに投資がしやすくなりました。Funds(ファンズ)は投資した資産の元本が保証されるわけではないですが、予定利回りは1.5%~6.0%(年率・税引前)となっていてメガバンクの金利が0.001%(税抜)の現在においては魅力的な金融商品といえるのではないでしょうか。Funds(ファンズ)で貸付ファンドに1円から投資するためには口座が必要です。Funds(ファンズ)の口座を開設して貸付ファンドに投資して予定利回り1.5%~6.0%(年率・税引前)をゲットしましょう!

▽Funds(ファンズ)の口座開設はこちら▽

Funds

Funds

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ