株式投資

【簡単】FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービス『テーマ投資』と『おまかせ投資』とは?

「あなたにあった投資から」でおなじみのFOLIO(フォリオ)。

FOLIO(フォリオ)は「一人ひとりに寄り添ったあなたピッタリの投資サービスを提供」してくれる投資サービスです。

この記事ではFOLIO(フォリオ)が提供している2つの投資サービス『テーマ投資』と『おまかせ投資』について紹介します。

今すぐFOLIO(フォリオ)の投資サービスを利用したい、という方は以下のリンクから口座を開設しておきましょう。

FOLIO(フォリオ)の口座は無料で開設することができます。

▽FOLIO(フォリオ)の口座開設はこちら▽

FOLIO

FOLIO

【簡単】FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービス『テーマ投資』と『おまかせ投資』とは?

FOLIO(フォリオ)は「VR」や「京都」などの様々なテーマを選択して株式投資ができる『テーマ投資』とロボアドバイザーが自動で資産運用してくれる『おまかせ投資』の2つの投資サービスを提供しているオンライン証券です。

『テーマ投資』や『おまかせ投資』がどんな投資サービスか確認していきましょう。

FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービス『テーマ投資』とは?

一般的な証券会社で株式を購入するには数万円~数十万円の資金が必要となります。

複数の銘柄の株式を購入するとなるとさらに資金が必要となってしまいます。

FOLIO(フォリオ)では1株から株式を購入できるシステムを採用しているため、約1万円から複数社の株式を購入することができます。

またFOLIO(フォリオ)のテーマ投資では企業単体に投資するのではなく、投資のプロが選んだテーマごとに複数の銘柄に投資することができます。

『テーマ投資』では複数の銘柄に投資をするためリスクが分散される効果も期待できます。

また、自分の好みにあったテーマや自分が応援したいテーマの株式に投資ができるため、銘柄を選択する手間がかかりません。

初心者の方の場合、どのような銘柄を購入したらよいかの判断は容易ではないため、投資のプロが選択した銘柄に投資できる『テーマ投資』はおすすめの投資サービスといえそうです。

FOLIO(フォリオ)で投資できるテーマは90種類以上。(2019年9月現在)

以下に『テーマ投資』で投資できるテーマについて紹介します。

これだけテーマの種類があれば、投資初心者であっても投資したいテーマが見つかるに違いありません。

投資したいテーマが見つかったけれど口座を開設していないという方は、以下のリンクから無料で口座を開設することができます。

今すぐ口座を開設して『テーマ投資』を始めましょう。

▽FOLIO(フォリオ)の口座開設はこちら▽

FOLIO

FOLIO

FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービス『おまかせ投資』とは?

「投資には興味があるけど何に投資したらよいのか、よくわからない」

「投資の経験はあるがうまくいかなかった」

などの理由から投資をするのに二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。

投資は金融商品に対する知識も必要ですし、投資をしてからも投資している金融商品のメンテナンスなどで意外と手間と時間がかかってしまうんです。

FOLIO(フォリオ)のロボアドバイザー投資である『おまかせ投資』ではそんな投資初心者・投資経験者の悩みを解決する処方箋を示してくれています。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』では質問に答えるだけで運用プランを決定してくれる

資産運用を始めるためにはどんなことをすればいいでしょうか。

一般的には資産運用の計画を立て、計画をもとに金融商品を選定して商品を購入、金融商品の価値をモニタリングし、必要とあらばメンテナンス(金融商品の売買)といったように行います。

投資初心者は金融商品に対する知識が少ないため、金融商品の選定やすでに投資している金融商品のメンテナンスをすることは容易ではありません。

そういった投資初心者の悩みを解決してくれるのがFOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』です。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』では顧客に応じた運用プランをアルゴリズムによって決定。

一般的な投資ではどんな金融商品に投資をするか学ばなければいけません。

さまざまな金融商品の知識を得るためには手間と時間がかかってしまうものなんです。

しかし、FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』では知識は不要、質問に答えるだけで運用プランを決定してくれます。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』で投資対象となる金融商品は米国のETF。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』で投資対象となっているETFは米国に上場しているすべてのETFから客観的な基準に基づいて選定されています。

またそうやって選定されるETFの保有比率はノーベル賞を受賞した平均分散法を使用。

顧客が目指すリターン水準を保ちつつ、値動きのパターンの異なる銘柄を組み合わせる事によってリスクを排除したポートフォリオを提案してくれます。

どんな金融商品に投資したらよいのかわからないという投資初心者にも手軽に投資が行えるのがFOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』の特徴といえます。

▽FOLIO(フォリオ)の口座開設はこちら▽

FOLIO

FOLIO

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』の最低投資金額は?

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資では10万円から投資することができます。

投資初心者にはちょっとハードルが高いでしょうか。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』の手数料は?

手数料は預かり資産の1%(運用額が3000万円を超える部分には、年率0.5%(税抜き)の割引料率が適用)となっています。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』の評判をチェック!!

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』の評判についてツイッターの投稿を調べてみました。

運用結果を公開している方がいたので確認してみると軒並みのプラスの運用結果。

いすれも過去の運用結果のようなので現在の運用結果がどうなっているか気になるところですね。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』のポテンシャルの片鱗は感じられる投稿だといえそうです。

FOLIO(フォリオ)の『おまかせ投資』のポテンシャルを感じたという方は今すぐ口座を開設して『おまかせ投資』で資産運用を開始しましょう。

▽FOLIO(フォリオ)の口座開設はこちら▽

FOLIO

FOLIO

【簡単】FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービス『テーマ投資』と『おまかせ投資』とは? まとめ

以上、FOLIO(フォリオ)が提供する投資サービスである『テーマ投資』と『おまかせ投資』について紹介してきました。

どちらの投資サービスも一般的な投資とは違い、手間と時間がかからず、初心者にもお手軽に挑戦できる投資方法といえます。

ただし、『テーマ投資』と『おまかせ投資』いずれのサービスも投資した資金の元本は保証されません。

お手軽に挑戦できる投資方法ではありますが、損失を被る可能性があることは理解しておきましょう。

投資をした際のリスクについて理解した上で資金を運用しましょう。

▽FOLIO(フォリオ)の口座開設はこちら▽

FOLIO

FOLIO

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見・ご感想お待ちしております^^

 

LINE@友達募集中!

友だち追加 
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ