株式投資

FOLIO(フォリオ)とは?テーマ投資とおまかせ投資あなたはどっちを選ぶ?

どうも、あじうじんです^^

最近(2019年1月9日現在)You Tubeのトップ画面で「テーマで選ぶかんたん投資」FOLIO(フォリオ)の動画をよく見かけます。

ダウンタウンの松本さんがCMに出演しているので気になったしまったんですよね。

FOLIO(フォリオ)ってなんだろうと思っちゃったわけです。

「テーマで選ぶかんたん投資」という説明がされていましたが、具体的にどんな投資方法なのか気になりますよね。

そこでこの記事では「FOLIO(フォリオ)とは何なのか?」「どのような投資方法なのか?」などについて紹介します。

▽FOLIO(フォリオ)の公式サイトはこちら▽

FOLIO

FOLIO(フォリオ)とは?

 

フォリオとは株式会社FOLIOのオンライン証券です。

FOLIOが提供する金融商品は2つ。

テーマ投資とおまかせ投資です。

FOLIO(フォリオ)のテーマ投資とは?

一般的に株式投資ではひとつの銘柄を選んで投資することになります。

100株単位で購入しなければなりませんので、もし10社に投資をするとなれば平均200万円はかかってしまいます。

FOLIO(フォリオ)では1株から株を変えるシステムにより、約10万円で10社の株を購入することができます。

またFOLIO(フォリオ)のテーマ投資では企業単体に投資するのではなく、投資のプロが選んだテーマごとの銘柄10社に投資。

10社に投資先を分散することによりリスクも分散されます。

FOLIO(フォリオ)で投資できるテーマは80種類以上。

以下にFOLIO(フォリオ)がテーマ投資で取り扱っているテーマを取り上げてみました。

  • トップブランド
  • 業界No.1
  • 創業百年
  • ロシア
  • インドネシア
  • 中国
  • ベトナム
  • インド
  • アグリテック
  • ヘルステック
  • バイオテクノロジー・ジャパン
  • 全個体電池
  • 半導体材料
  • ドローン
  • 宇宙開発
  • サイバーセキュリティ
  • 人工知能
  • 自動運転車
  • 次世代素材
  • 電気自動車
  • 5G(次世代通信システム)
  • VR(仮想現実)
  • テレビゲーム
  • 第4次アニメブーム
  • e-Sports
  • ソーシャルゲーム
  • カジノ解禁
  • 温泉
  • 世界シェアNo.1
  • ようこそ日本へ
  • リニア新幹線
  • インダストリアルロボット
  • グローバル・ニッチ・トップ
  • ストップ!人手不足
  • キャッシュレス・ジャパン
  • セルフレジ
  • さよなら電柱
  • 働く女性
  • シニア・ビジネス
  • 働き方改革
  • メンズコスメ
  • アンチエイジング
  • ジェネリック医薬品
  • 再生医療テクノロジー
  • 最先端医療マシン
  • ドラッグストア
  • 甲信越
  • 名古屋
  • 北陸
  • 東海
  • 東北
  • 大阪
  • 九州
  • 京都
  • 神戸
  • 中国・四国
  • ガールズトレンド
  • 子育てを楽しく
  • 水ビジネス
  • サードパーティー・ロジスティクス
  • 花粉症対策
  • 自転車
  • カメラ・写真
  • ペットと暮らす
  • インテリア
  • シェアリングエコノミー
  • お酒
  • 寿司
  • クッキング
  • 外食チェーン至上主義
  • スイーツ&デザート
  • コーヒー
  • 健康食品
  • もしバフェットが日本株を買ったら
  • キャッシュリッチ企業
  • 連続増配
  • 高ROE

これだけテーマの種類があれば、投資初心者であっても投資したいテーマが見つかるに違いありません。

もし投資先に悩むようでしたら、FOLIO(フォリオ)の公式チャンネルのCMを見てみると良いかもしれません。

以下にCMの動画を貼っておきます。


FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資とは?

「投資って興味はあるけど、よくわからない」

「株式投資は経験があるがうまくいかなかった」

などの意見を持っている方もいるかと思います。

実は投資って知識も必要ですし、意外と手間と時間がかかるものなんですよね。

そんな投資活動ですが、FOLIO(フォリオ)のロボアドバイザー投資であるおまかせ投資ではそんな投資初心者・投資経験者の悩みを解決する処方箋を示してくれています。

FOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」では質問に答えるだけで運用プランを決定してくれる

一般的に資産運用といえば、手間と時間がかかってしまうものですよね。

資産運用の計画をたてて、計画をもとに金融商品を選定して商品を購入、金融商品の価値をモニタリングし、必要とあらばメンテナンス(金融商品の売買)を行わなければなりません。

FOLIO(フォリオ)の「おまかせ投資」では顧客に応じた運用プランをアルゴリズムによって決定。

投資対象となるETFは米国に上場しているすべてのETFから客観的な基準に基づいて選定されます。

またそうやって選定されるETFからの保有比率はノーベル賞を受賞した平均分散法を使用。

顧客が目指すリターン水準を保ちつつ、値動きのパターンの異なる銘柄を組み合わせる事によってリスクを排除したポートフォリオを提案してくれます。

結果として投資をする際にかかる手間と時間を省いてくれる投資方法です。

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資の最低投資金額は?

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資では10万円から投資することができます。

投資初心者にはちょっとハードルが高いでしょうか。

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資の手数料は?

手数料は預かり資産の1%(運用額が3000万円を超える部分には、年率0.5%(税抜き)の割引料率が適用)となっています。

FOLIO(フォリオ)のおまかせ投資の評判をチェック!!

管理人はFOLIO(フォリオ)のテーマ投資もおまかせ投資もしていないんです。

そこでFOLIO(フォリオ)に関するツイッターの投稿をみてみましょう。

FOLIO(フォリオ)はテーマ投資にしてもおまかせ投資にしても分散投資ですが、2018年12月の株価下落のリスクまでは回避できなかったようですね。

FOLIO(フォリオ)とは?テーマ投資とおまかせ投資あなたはどっちを選びますか? まとめ

以上、FOLIO(フォリオ)が提供するテーマ投資とおまかせ投資について見てきました。

どちらの投資方法も手間と時間がかからず初心者にもお手軽に挑戦できそうな投資方法だと思います。

ただし、初心者にもできる投資方法ではありますが、ツイッターの投稿にもあるように損失を被る可能性は常に秘めています。

FOLIO(フォリオ)で投資を始める際もリスクについて理解した上で資金を運用しましょう。

▽FOLIO(フォリオ)の公式サイトはこちら▽

FOLIO

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたのご意見とご感想お待ちしております^^

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用しませんか?

IPO投資は非常にリスクが低い投資方法ですが、そもそも新規上場する企業がなければ投資することができません。
また新規上場する企業があったとしてもIPOに当選しなければ購入できず、利益を上げることはできません。
抽選に申し込んでもなかなか当選しないIPO投資については「外れても元本が減らない宝くじ」というような感覚で参加されている方も多いのではないでしょうか。
リスクが低い点はIPO投資のメリットですが、結果が出るまでに手間と時間がかかってしまうのがデメリットなんですよね。
そこで私がIPO投資と同時に行っているのがWealthNavi(ウェルスナビ)での資産運用です。

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーが資産運用してくれるサービスです。2019年6月19日の時点でWealthNavi(ウェルスナビ)の預り資産額は1500億円を突破、申込件数も22万件を突破しています。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには6つの質問に答え資産運用のプランを決定して入金するだけ。
あとはロボアドバイザーが自動で資産を運用してくれます。
ロボアドバイザーが資産を運用してくれるので手間がかからず、忙しくて時間の無い方におすすめの投資方法です。
WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を開始するためには口座開設が必要です。
ロボアドバイザーにおまかせして、ほったらかしで資産運用してみませんか?
▽WealthNavi(ウェルスナビ)の口座開設はこちら▽

WealthNavi

口座を開設する前にWealthNavi(ウェルスナビ)についてもっと知りたいという方は、以下の記事でWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について紹介していますのでぜひ御覧ください。

関連記事:WealthNavi(ウェルスナビ)の特徴について解説!!

WealthNavi(ウェルスナビ)の具体的な運用実績が知りたいという方は以下の記事を御覧ください。

関連記事:【ロボアドバイザー】WealthNavi(ウェルスナビ)・THEO(テオ)運用実績 まとめ